あいさつ

代表理事 牧 誠

代表理事 牧 誠

           写真提供:日刊現代

牧 誠

Makoto Maki

株式会社メルコホールディングス

取締役会長

 メルコ学術振興財団は、メルコグループ創業30周年を記念する社会貢献事業として、私自身も私財を公益に供する形で2007年3月に設立されました。その後、2011年4月に公益財団法人に移行し、日本的経営を世界に広めたいという思いを具現化するべく、メルコグループにおける社会貢献事業と位置付けて活動してまいりました。これまで設立から10年間は経営学の学問分野の一つである管理会計学に焦点をあて、とりわけ世界に通じる管理会計理論の構築を目指す研究者支援を標榜し「日本の管理会計を世界へ」という行動指針により、研究助成事業と研究成果普及事業という二大事業を展開して参りました。

 中心である研究助成事業においては、科学研究費が十分に支給されるわけではない修士課程から博士課程の若手研究者が独自のフィールドワークを実践し、また海外の先進的な研究に触れる機会を増やすことを最重要視してまいりました。具体的には、管理会計の研究者の研究活動を支援する研究助成、海外で活躍する著名研究者の日本招聘、逆に海外での学会報告や在外研究を行う研究者の海外派遣を支援する国際研究交流助成、そして優れた研究成果を広く世に問う研究書の出版を支援する出版助成という3事業がそれに当たります。

 それに加えて研究成果普及事業では、管理会計に関する研究論文を公表する研究機関紙『メルコ管理会計研究』の年2回の発刊、国内外の学会等で英語報告された内容を論文に纏めたディスカッションペーパー『Melco Management Accounting Research Discussion Paper Series』の公開、管理会計の啓蒙・普及を目指した講演会やセミナーの開催などを幅広く取り組んで参りました。

 これまで当財団は日本的経営の中でも、“日本の優れた管理会計を世界に発信する”ということにフォーカスして財団の基盤を充実させることに専念してまいりました。このたび財団設立10周年を迎えるにあたり、きたる10年は領域を広げて、利他的な経営の哲学や思想を持つ“日本的経営” を、より深く極めようとする研究者の皆様も支援していくことを目標に据えております。これは、社会の役に立ちたい、自分以外の人々を幸せにしたい、というわれわれ特有の「心」を、より深く研究していくことに他ならないと考えております。

 以上の様に、当財団は「日本的経営を世界へ」という理念の下、これまでの事業に加え、産学連携をはじめとする、実業界が日本的経営を専門家の研究者の皆様から吸収する機会を、そして環境を作っていくことも視野に入れ、引き続き社会貢献活動として進めたいと思います。皆様におかれましては、財団の運営に何卒ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

2017年6月26日

公益財団法人メルコ学術振興財団
代表理事 牧 誠