あいさつ

代表理事 牧 誠

代表理事 牧 誠

                 写真提供:日刊現代


牧 誠

Makoto Maki

株式会社メルコホールディングス
代表取締役会長

 メルコ学術振興財団は、メルコグループ創業30周年を記念する社会貢献事業として、社会科学の重要な一分野とされる経営学の中で、特に合理的な企業経営を支援する会計情報に関わる学問分野であります管理会計学に対する研究助成を行うため、2007年3月、文部科学省の管轄下で財団法人メルコ学術振興財団として設立されました。5年後の2011年4月1日、それまでの実績が認められて、公益財団法人メルコ学術振興財団として内閣府の公益認定を受けて、現在に至っています。

 当財団は、「日本の管理会計を世界へ」という行動指針の下で、管理会計の研究を促進し、その研究成果を広く社会へ還元するため、研究助成と研究成果普及事業という二大事業を展開しています。研究助成事業では、管理会計の研究者の研究活動を支援する研究助成、海外で活躍する著名研究者の日本招聘、逆に海外での学会報告や在外研究を行う研究者の海外派遣を支援する国際研究交流助成、そして優れた研究成果を広く世に問う研究書の出版を支援する出版助成という3事業を行っています。さらに研究成果普及事業では、管理会計に関する研究論文を公表する研究機関紙『メルコ管理会計研究』の年2回の発刊、管理会計の啓蒙・普及を目指した講演会やセミナーの開催、管理会計に関する内外の図書を広く一般に貸出する図書貸出システムを運用しています。

 企業活動が大規模化・複雑化するにともない、一人の経営者が企業活動のすべてを経験と勘に頼って管理することはおよそ不可能です。より経済合理的に企業を経営するためには、過去や将来の会計情報を意思決定や業績評価に取り入れた管理会計による経営が重要かつ不可欠となります。

 当財団では、日本企業で実践されている優れた管理会計実務に焦点を当てて、とりわけ世界に通じる管理会計理論の構築を目指す研究者に対して深い敬意と期待をもって研究を支援しています。一人でも多くの管理会計研究者が世界の学界で活躍されることを願ってやみません。皆様におかれましては、今後とも、当財団の設立趣旨をご理解いただき、財団の運営にご支援ご協力をお願いするしだいです。

2017年6月26日
公益財団法人メルコ学術振興財団
代表理事 牧 誠