セミナー 立教大学「国際学会報告・海外ジャーナル掲載を目指す若手研究者向けセミナー」

セミナー概要

開催挨拶

本セミナーでは、国際的に通用する水準の研究を進める際に留意すべき点や研究方法論について、海外査読付ジャーナルへの掲載を実現している3名の研究者にご報告いただきます。
国際的に通用する業績を目指すことを通じて自らの研究水準を大幅に向上させたい若手・中堅研究者の皆様や、若手研究者を指導する立場にある研究者の皆様に是非ご参加頂きたくご案内申し上げます。

 主催:メルコ学術振興財団/立教大学経済学部 諸藤研究室、同山田研究室
 共催:立教大学経済学部

管理会計セミナー開催のご案内

講演

13:30-13:40  開会挨拶
          澤邉 紀生氏 (公益財団法人メルコ学術振興財団 理事)

■報告1
13:40-14:40(60分)  
テーマ:「EDEN Doctoral Seminarにみられる定性的研究方法の概要」
講 師:澤邉 紀生氏
    (京都大学経営管理大学院 教授)

14:40-15:50(10分) 休憩

■報告2
14:50-15:50(60分) 
テーマ:「定量研究のレリバンスと妥当性を高める」
講 師:梶原 武久氏
    (神戸大学大学院経営学研究科 教授)

15:50-16:00(10分)(10分) 休憩

■報告3
16:00-17:00(60分) 
テーマ:「英文ジャーナル公刊に関する私論」
講 師:奥田 真也氏
    (名古屋市立大学経済学研究科 准教授)

17:00-17:10  閉会挨拶

開催日時
2017年02月18日 13時30分~17時10分
会場
立教大学 池袋キャンパス1202教室
会場住所
〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1
参加対象
国際学会報告・海外ジャーナル掲載を目指す会計学領域の大学院生・若手研究者ならびに若手研究者を指導する立場にある研究者
定員
50名
参加費用
無料
申込期限
2017年02月10日

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

立教大学経済学部 教授 諸藤裕美先生
E-mail : morofuji@rikkyo.ac.jp